2021年2月公開(1・2月分データ) 「お出かけ意欲の回復状況及び春休みのお出かけ意向について」

緊急事態宣言も延長され、お出かけ市場においては厳しい状況が続いている一方、感染者の減少やワクチン承認など明るいニュースも少しずつ増えてきています。今月は、そんなお出かけ市場における2月時点の状況および、今年の春休みのお出かけ動向について調査・分析してみました。

目次

2回目の緊急事態宣言でお出かけ意欲再低下も2月に少し回復

春休みのお出かけ意欲が非常に高まっている

コロナに対する恐怖意識低下。ワクチン摂取による効果期待へ

コロナ禍に堅調だった屋外施設も季節要因と緊急事態宣言発令で低下

2021年2月のお出かけ市場レポート総括

2回目の緊急事態宣言でお出かけ意欲再低下も2月に少し回復

この1年のいこーよサイトの閲覧数が昨年と比べてどのくらいだったかを表したグラフが以下です。1回目の緊急事態宣言が発令された4月に昨対比27%とかなり低下していましたが、その後順調に上昇し、9月に62%まで回復しました。しかし、徐々に感染者が増加したことも影響し昨対比が少しずつ下降、更に1月に発令された2回目の緊急事態宣言の影響で昨対比33%と昨年5月くらいのレベルにまで落ち込みました。

しかし、感染者の増加が抑えられてきたことを受けて、2月に入りまたお出かけ意欲の回復が見られてきています。(※2月のデータは、分析時点の2月中旬までのデータを同期間昨年データと比較)

出典:Google Analyticsより

ユーザーのお出かけ意欲の一つの指標であるいこーよサイトの回遊率のデータでも、2月に入ってお出かけ意欲の回復が見られます(※回遊率とは、いこーよサイト内の複数のページを閲覧した割合。ユーザーは、お出かけ意欲が高いと複数のお出かけスポット情報見る傾向があることから、お出かけ意欲指標として参照)。昨対比のデータをみるとセッション数と同じく、4月に落ち込んだ回遊率が9月に最も回復し、そこから1月にかけて下降しています。その後2月に再度回復しており、お出かけ意欲の回復が進んできていることがわかります。(※2月のデータは、分析時点の2月中旬までのデータを同期間昨年データと比較)

出典:Google Analyticsより

ユーザーアンケートで聞いている、新型コロナウィルスへの感染リスクに対する考えの推移を表したグラフが以下です。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをご覧いただけます。

会員になる