おでかけ施設の集客プロモーション(広告活用)に関する施設アンケート

おでかけ施設の集客向上のため、多くの施設さんが様々なプロモーションをおこなっているかと思います。今回は、アンケートに協力して頂いた全国95のおでかけ施設の回答から、集客プロモーション手法やターゲット属性についてのアンケート結果について紹介させて頂きます。

目次

アンケート対象施設の規模区分

新規集客のターゲット属性について

リピーター集客のターゲット属性について

集客プロモーション予算について

集客プロモーション手法について(活用実績)

集客プロモーション手法について(効果・満足度)

おでかけ施設の集客プロモーション(広告活用)に関するまとめ

アンケート対象施設の規模区分

まず、今回のアンケート対象となった95施設の年間来場者数について

今回のアンケート対象となった施設は、年間来場者数10,000人以下の施設が37%。10,001人から100,000人の施設が35%、100,001人以上の施設が28%となっています。施設規模によって効果的なプロモーション手法が異なる部分もあるかと思いますので、今回は年間来場者数50,000人以下とそれ以上に分け、双方の比較も交えながら分析してみたいと思います。

新規集客のターゲット属性について

まず、集客ターゲット属性についてのデータから。以下は「新規」の来場者に関する回答結果になります。「年間来場者数50,000人以上」のおでかけ施設が、「新規顧客の集客」において、一体どこのターゲットを重点的に狙っているのか聞いてみました。

県内のファミリー層が45%、県外のファミリー層が31%と、県内外合わせて「ファミリー層」が8割近い結果に。若者やシニア層に関してはすべて合わせても24%。大半の施設さんが「ファミリー」の集客を欲している事が分かります。

一方、「県内外」の方で比較してみると、県内は64%、県外が36%。数値比較では県内が多いとはいえ、やはり中規模以上の施設さんになると、より県外からの集客についても強く意識すると言えるのではないでしょうか。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをご覧いただけます。

会員になる