おでかけ施設のアルバイト求人・採用に関する施設アンケート

施設に遊びに来て頂いたお客さんに楽しんでいただくために絶対に欠かせないもの。それはやはり「人(スタッフさん)」ではないでしょうか。どんなに優れた設備やアトラクションがあっても、どんなに楽しい企画やイベントがあっても、それらとお客さんを繋ぐスタッフさん次第でお客さんの印象や満足度は大きく変わります。

だからこそ、施設さんに「今抱えている課題や悩み」について尋ねると、「集客」や「設備」と並んで「(スタッフの)採用・育成」が必ず上がってくるのでしょう。そこで今回は、アンケートに協力して頂いた全国74のおでかけ施設の回答から、「アルバイトスタッフの採用」についてのアンケート結果を紹介させて頂きます。

目次

アンケート対象施設のスタッフ数と年間採用人数について

求人募集のために活用しているツール・サービス

実際に使ってみて「良かった」と感じた求人媒体

求人募集を出す際にプッシュしているポイント

求人募集を出す際の具体的な工夫

採用の合否判断でもっとも重視しているポイント

おでかけ施設のアルバイト求人・採用に関するまとめ

アンケート対象施設のスタッフ数と年間採用人数について

まず、今回のアンケート対象となった74施設それぞれのスタッフ人数について。

今回のアンケート対象となったおでかけ施設ですが、10人以下のスタッフで運営されている施設が半数以上、30人以下の施設が全体の8割を占めています。以降の数値やデータについては、「30人以下で運営されているお出かけ施設を中心とした回答」から算出されている事を前提にご覧いただければと思います。

それでは、「アルバイトスタッフの年間採用人数」について聞いた結果から紹介させて頂きます。

そもそも採用を(ほとんど)していないという施設が42%。また、年間採用人数が10人以下(0人含む)の施設が8割以上となっています。1年間に採用するアルバイトスタッフが「数人」という事からも、施設側の「1人」の採用に対する「期待」や「重要さ」が分かります。それだけ重要なアルバイトスタッフの求人・採用を、世の中のおでかけ施設はどのような方法でおこなっているのでしょうか。

求人募集のために活用しているツール・サービス

アルバイト採用の最初のステップは「求人募集」から始まります。募集のためにどのようなツールやサービスを活用するのかで、その成果は大きく変わってくるでしょう。規模や施設ジャンル・エリア等で、相性の違いなどもあるかとは思いますが、他施設が何を用いて求人をかけているのかを知るだけでも、今後の参考になるのではないでしょうか。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをご覧いただけます。

会員になる