おでかけ施設への新規来訪・リピート来訪に関するユーザーアンケート

おでかけ施設にとって、「集客」は常に抱え続ける大きな課題のひとつだと思います。新規ユーザーをいかにして呼び込むか、一度来訪したことのあるお客さんをどうやってリピートさせるか、今まで一度も考えた事がないという施設さんは皆無でしょう。今回は、いこーよおよびいこーよアプリを利用した305名のユーザーを対象にアンケートを実施し、おでかけ施設への新規来訪・リピート来訪を決める指標や材料について、調査・分析してみました。

目次

新規・リピートのおでかけ先を決める際に重視するポイント

新規・リピートのおでかけ先を決める際の判断材料について

許容可能な移動時間における「新規・リピーター」での差異

許容可能な予算における「新規・リピーター」での差異

おでかけ施設への新規来訪・リピート来訪に関するまとめ

新規・リピートのおでかけ先を決める際に重視するポイント

ユーザーがおでかけ先を決める際、今までに一度も行った事がない施設と、既に来訪経験のある施設で、その判断指標に差異はあるのでしょうか。まずは、おでかけ先を決める際に重視するポイントについて、「新規来訪時」「リピート来訪時」に分けて聞いてみました。

まず、何よりも「子供が楽しめるかどうか」は大前提のようで、新規、リピートともに、回答者のおよそ9割が「重視ポイント」として選んでいます。

新規とリピートで明確に差が出たのが「施設所在地」。こちらは「新規」の場合に、より重視されているようです。まだ一度も行った事がないわけですから、わざわざ長い時間をかけて遊びに行って「もし(子供が)楽しめなかったら・・・」そんな不安があるのかもしれません。そうなると、「新規」の集客においては「近場であればあるほど効率が良い」と言えそうです。

逆に、「リピート来訪時」により重視するポイントは、「親が楽しめるか」と「話題性」の2点。初めて行く場所なら、とにかく「子供優先」で決めますが、一度行ってみて「子供が楽しめる事」が既に分かっている場所であれば、どうせなら「親も楽しめる場所」に行きたい、そんな思考になるのかもしれません。

「話題性」については、言い換えると「今旬」かどうか。新しいアトラクションが出来たらしい、今ならこんなイベントが開催されてる、そんな「旬の話題」に人は惹かれるものです。逆に、既に一度遊びに行った事がある施設には、そういった「新たな話題」がないと、なかなか「また行こう」とはなりにくいのかもしれません。リピート来訪を狙うのであれば、いかに「前回と違う新しい何かがあるか」を、ユーザーに訴求していく事が重要になりそうです。

新規・リピートのおでかけ先を決める際の判断材料について

続いて、おでかけ先を決める判断材料の観点から「新規」「リピート」を比べてみます。

「新規」「リピート」で大きく差がついたのは「子供の意見・感想」と「Webサイトの情報」。「新規来訪」の場合は、判断材料として「Webサイトの情報」がかなり活用されているのに比べ、「リピート来訪」では大きくその数値が下がります。その他の「第三者からの情報(知人の意見・テレビ・ラジオ・SNS・雑誌・動画等)」についても傾向としては同様で、リピート来訪時にはほとんど第三者からの情報に頼らなくなっています。

一方、「子供の意見・感想」は、「新規来訪時」より「リピート来訪時」にグッと数値が上がります。何よりも、子供からの「また行きたい」こそが親の心を「リピート来訪」に動かす、という事でしょう。そう考えると、「初回来訪時に子供をどれだけ満足させられるか、また遊びに行きたいと思わせられるかどうか」が、リピーター獲得のためにいかに重要が分かります。

許容可能な移動時間における「新規・リピーター」での差異

お次は、おでかけ時に許容出来る移動時間について。先ほど紹介した「おでかけ先を決める際に重視するポイント」のデータでは、「新規」であるほど「施設の所在地」を重視する人が多いという結果も出ています。

まずは「新規」のおでかけ先を決める際に許容出来る移動時間から。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをご覧いただけます。

会員になる