おでかけ施設の会員化および会員活用に関する施設アンケート

おでかけ施設の会員化、言い換えれば自施設の「ファン」になってもらう事。集客面においてもマーケティング面においても、おでかけ施設にとって非常に重要な課題だと思います。とはいえ、ユーザーに登録を促したところで、そんなに簡単に「会員」が集まるわけでもないでしょうし、苦労して集めた「会員」を活用し集客や売上に繋げるには、また別の戦略が必要です。

そんな「会員化および会員活用」に関する戦略策定のためには、他施設の施策内容や状況は極めて重要な情報となるはずです。そこで今回は、アンケートに協力して頂いた全国74のおでかけ施設の回答から、「おでかけ施設の会員化および会員活用」についてのアンケート結果を紹介させて頂きます。

今回は「おでかけ施設への会員登録に関するユーザーアンケート」の結果と比較しながら解説している部分が多いので、お時間あるようでしたらこちらも是非ご覧ください。

目次

アンケート対象施設の規模区分

おでかけ施設における会員化施策の実施状況

会員登録時の状況や方法について

会員へ付与する特典について

会員登録に必要な入力項目について

施設から会員に対しての連絡や通知について

おでかけ施設の会員化および会員活用に関するまとめ

アンケート対象施設の規模区分

まず、今回のアンケート対象となった74施設の年間来場者数について。

今回のアンケート対象となった施設は、年間来場者数10,000人以下の施設が51%。10,001人から100,000人の施設が21%、100,001人以上の施設が28%となっています。以降のデータについては、上記の施設規模(年間来場者数)のおでかけ施設による回答をもとに算出されている事を前提にご覧いただければと思います。

おでかけ施設における会員化施策の実施状況

まずは、「今現在、会員化のための施策を実施しているか」について。施設規模による差異も踏まえ、年間来場者数50,000人以上と50,000人以下の施設に分けてデータを出してみます。

年間来場者数50,000人以上の施設の場合、「会員化施策を実施している」と答えた施設は54%、実施していない施設が46%とほぼ半々に。ユーザー側に聞いた「おでかけ施設への会員登録をおこなった事があるか」の設問では約7割のユーザーが「ある」と答えている事を考えると、若干会員化をおこなっている施設比率が少ない印象を受けます。

一方、もう少し規模の小さい50,000人以下の施設に絞るとどうなるのでしょうか。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをご覧いただけます。

会員になる