おでかけ施設のSNS活用状況に関する施設アンケート

おでかけ施設にとって、ユーザーへの情報発信(拡散)やコミュニケーション、マーケティング、集客の為に、もはや無くてはならないツールとなったSNS。自社会員システムの為に大きな費用や時間をかけずとも手軽に会員化をおこなえるため、積極的に運用されている施設さんも多いのではないでしょうか。一方、本気で取り組めば取り組むほど手間も時間もかかるのがSNS運用。そこに人手をかける事に二の足を踏んでしまう施設さんも少なくないと思います。そこで今回は、アンケートに協力して頂いた全国119のおでかけ施設および98のイベンターの回答から、「おでかけ施設のSNS活用状況」についてのアンケート結果を紹介させて頂きます。

目次

おでかけ施設の現在のSNS運用状況について

おでかけ施設が活用しているSNSの種類について

おでかけ施設がもっとも成果を感じているSNS

おでかけ施設がSNS活用によって実感している成果

おでかけ施設が運営する公式SNSの会員数について

おでかけ施設が運営する公式SNSの運営体制・状況

SNS運用をおこなっていない理由について

おでかけ施設のSNS活用状況に関するまとめ

おでかけ施設の現在のSNS運用状況について

まずは、そもそも今現在どのくらいのおでかけ施設が「公式SNS」を運用しているのか?について調べてみました。

既に公式SNSを運用している施設さんが88%と、ほぼ9割のおでかけ施設は何らかのSNSを活用されています。過去のアンケート結果から、なんとなくおでかけ業界はデジタルとアナログの2極化が強い印象を持っていたのですが、SNSについては非常に積極的に活用している業界と言えます。逆にまだ活用されていない12%の施設さんは、この状況を自覚し、改めて自施設のSNS運用について検討されてみてはいかがでしょうか。

おでかけ施設が活用しているSNSの種類について

最近話題となっている「Clubhouse」のように新しいツールやサービスが次々と出てくる中、どれを?いつから?どうやって?始めれば良いのか分からないという施設さんも少なくないでしょう。そこでお次は、現在おでかけ施設で運用されているSNSの種類について聞いてみました。

もっとも使われているSNSは「Facebook」で80.6%。次いで「Instagram」の77.4%。そして「Twitter」54.8%、「LINE」40.3%と続きます。

正直、国内での利用者が減少している「Facebook」がトップである事に多少違和感を感じてしまいましたが、確かに「Facebook」のメイン層は20代~40代で小さなお子様を持つママパパ世代にフィットしています。また、「Facebook」にはFacebookページを活用して自施設のサービスや商品をユーザーやファンに訴求する機能もありますので、店舗が運営する公式SNSとしては活用しやすいツールと言えます。ちなみに「おでかけ施設の集客プロモーション(広告活用)に関する施設アンケート」では、「SNS広告」は施設規模に関わらず上位でした。そういった「広告連動のしやすさ」も、おでかけ施設が積極的にFacebookを活用する要因なのかもしれません。

また、2位とはいえ活用率が77.4%と非常に高いのが「Instagram」。こちらは若年層を中心に年々利用者数が増えており、当面はおでかけ業界においてもSNSツールの中心として活用されそうです。

なお、今回アンケートに答えて下さった施設さんの中で1施設だけですが「Clubhouse」という回答がありました。今急激に会員を増やしている話題のツールですし、今までにはないタイプのSNSなので、今後の成長・展開が楽しみです。

おでかけ施設がもっとも成果を感じているSNS

前述の通り、新しいツールやサービスが次から次に出てくるSNSですから、既に複数ツールを運営されている施設さんも少なくないでしょう。そこでお次は、おでかけ施設が「もっとも成果を感じているSNS」について聞いてみました。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをご覧いただけます。

会員になる