おでかけ施設の公式サイト運用状況に関する施設アンケート

多くのおでかけ施設が既に自施設の公式サイトを公開・運営されていると思いますが、公式サイト運営の目的、またどの程度そこに成果を期待するのかなど、施設さんによって方針や温度感も変わってくるのではないでしょうか。そこで今回は、アンケートに協力して頂いた全国119のおでかけ施設および98のイベンターの回答から、「おでかけ施設の公式サイト運用状況」についてのアンケート結果を紹介させて頂きます。

目次

おでかけ施設の公式サイト所持率

公式サイトのコンテンツ内容について

公式サイトの更新頻度について

公式サイトから(経由)の施設来訪見込み

公式サイトへのアクセス解析ツール導入状況

おでかけ施設公式サイトの月間アクセス数

おでかけ施設公式サイトのリファラー状況

おでかけ施設公式サイトのSEO対策状況

公式サイトへのSEO対策による成果状況

おでかけ施設の公式サイト運用状況に関するまとめ

おでかけ施設の公式サイト所持率

まずは、おでかけ施設の公式サイト所持率から。おそらく、大抵の施設さんが自施設の公式サイトを運営されているとは思いますが、一応そこから聞いてみました。

92%が公式サイトを「持っている」との事で、想定に近しい結果と言えます。逆に「持っていない」と答えた施設さんが8%いる事に少し驚きましたが、今回のアンケート対象にはイベンターさんも含まれていますので、固定の公式サイトを持たずにイベント単位でのLPのみの運用も十分ありえます。その辺りの数値が「持っていない」側に表れているのかもしれません。

公式サイトのコンテンツ内容について

次に、おでかけ施設公式サイトのコンテンツ内容について。前述の通り、公式サイトを運営する目的や求める成果によって載せるコンテンツも変わってくると思います。皆さんいったいどのようなコンテンツを公式サイトに掲載されているのでしょうか。

「イベント等の告知」81.1%と、大多数の施設さんが施設の最新情報を公式サイトに掲載しています。次点が「アクセス方法」で70.8%。少し間を空けて「コロナ対策状況」56.1%、「アトラクション・サービス紹介」54.7%、「公式SNS」52.8%と続きます。

今、施設を来訪する意味・理由(イベント等の告知)、そして来訪の仕方(アクセス方法)が上位に集中している事を考えると、やはり大半の施設さんは公式サイトに「店舗への実来訪」を期待していると想像出来ます。

ちなみに「おでかけ施設への新規来訪・リピート来訪に関するユーザーアンケート」では、ユーザーがおでかけ先を決める際に重視するポイントとして、上位に「子供が楽しめるかどうか」や「混雑状況」が入っています。「お客様の声(16.5%)」で、子供がいかに楽しんでいたかをユーザーの声として訴求したり、「混雑状況・予想(8.5%)」を目に付く場所に載せてあげると、より公式サイトからの「集客」に繋がるかもしれません。

公式サイトの更新頻度について

続いて、公式サイトの更新頻度について聞いてみました。更新頻度が高ければ高いほど手間や時間がかかります。逆に更新頻度が低く、古い情報がいつまでも掲載されてしまっていては、ユーザーが公式サイトに訪れる意味も薄まりますし、せっかく運営している公式サイトにも関わらず、施設のディスブランディングに繋がってしまう事にもなりかねません。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをご覧いただけます。

会員になる