花粉症によるおでかけ意欲への影響に関するユーザーアンケート

春になると、天気予報では毎日のように花粉の飛散量予報が流れ、花粉が多く舞う日には外に出るのが憂鬱に・・・、そんな花粉症持ちのユーザーも少なくありません。そこで今回は「花粉症によるおでかけ意欲への影響」について、いこーよおよびいこーよアプリを利用した小学生以下のお子様を持つ306名のユーザーを対象にアンケートを実施し、調査・分析してみました。

目次

ユーザー(家族)の花粉症罹患状況

花粉症がおでかけ意欲に与える影響

花粉症が集客に影響を与えやすい施設

花粉症時期のおでかけ時に気を付けている事

ユーザーがおでかけ施設に求める花粉症対策

花粉症によるおでかけ意欲への影響に関するまとめ

ユーザー(家族)の花粉症罹患状況

今回、花粉症をテーマにおでかけ意欲への影響について分析してみようと思うのですが、そもそも世の中の花粉症ユーザーの数ってどのくらいなのでしょうか。まずは、家族の中に花粉症持ちの人がいるかどうか?について聞いてみました。

なんと83%のユーザーが、少なくとも1人は花粉症を持っている家族がいると答えています。「いる」と答えたユーザーの中でもそれぞれ症状に程度の差はあるとは思いますが、これだけの割合で花粉症持ちの家族がいる事を考えると、やはり花粉症はこの時期のおでかけ意欲にそれなりの影響を与えているのかもしれません。

さらに、家族の中の誰が花粉症を患っているのか?についてもう少し深掘ってみましょう。

家族の中に花粉症の人がいると答えたユーザーのうち、「ママ」が花粉症を持っている割合は66.8%、「パパ」が55.9%、さらに「(小学生以下の)子供」が30.9%。大人の罹患率の高さはもちろん、小学生以下の子供のおよそ3人に1人が既に花粉症を持っているという結果にも驚きです。

花粉症がおでかけ意欲に与える影響

続いて、花粉症がおでかけ意欲や意向にどれだけ影響を与えるのか?について。花粉症が原因でおでかけ自体をやめてしまったり、花粉の飛散する屋外施設から屋内施設に行き先を変えたりと、ユーザーのおでかけ行動に何らかの影響を与えている可能性は十分に考えられます。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをご覧いただけます。

会員になる