おでかけ施設のキャッシュレス化に関するユーザーアンケート

昨今、様々な業態のお店やサービスでキャッシュレス化が進み、財布から現金を取り出す頻度もだいぶ少なくなってきました。経産省によるキャッシュレス推進政策も打ち出されている今、おそらくさらにこの傾向が加速していく事は間違いないでしょう。そこで今回は「おでかけ施設のキャッシュレス化」について、いこーよおよびいこーよアプリを利用した小学生以下のお子様を持つ306名のユーザーを対象にアンケートを実施し、調査・分析してみました。

目次

日常生活におけるユーザーの決済スタイル

ユーザーが利用しているキャッシュレスサービス

おでかけ施設でのキャッシュレス決済経験

おでかけ施設のキャッシュレス化に対するユーザー意向

キャッシュレス決済を希望する理由

現金決済を希望する理由

おでかけ施設にキャッシュレス決済を求めるシーン

おでかけ施設のキャッシュレス化に関するまとめ

日常生活におけるユーザーの決済スタイル

まずは、ユーザーのキャッシュレス決済に関する現状について聞いてみました。飲食店やスーパー・コンビニなど、ユーザーの日常生活におけるキャッシュレス化がもはや当たり前になりつつある今、ユーザーはどのような決済スタイルを望んでいるのでしょうか。

「すべてキャッシュレス決済」を望む声は全体の31%。逆に「すべて現金決済」と答えたユーザーは僅か6%。残りの63%が「場所・金額・(決済)内容で使い分けたい」との結果になりました。ちなみに年代・性別を分けて調べてみたところ、上記の割合はどの年代・性別においてもほとんど変わりませんでした。

この結果からも、もはや年代・性別問わず「現金決済のみ」を望む層はごく少数であり、ユーザーの要望もキャッシュレス決済の方に向かっている事は間違いありません。今はまだ転換期ではありますが、今後おそらく「使い分けたい」と答えた63%のユーザーが、どんどん「すべてキャッシュレス決済」を望む方に流れていくのではないでしょうか。

ユーザーが利用しているキャッシュレスサービス

続いて、ユーザーが実際に利用しているキャッシュレスサービスについて調べてみました。数多くのキャッシュレスサービスが提供されている中、ユーザーはいったいどのようなサービスを利用しているのでしょうか。まずはキャッシュレス決済の種別から聞いてみましょう。

「クレジットカード・デビットカード」がもっとも多く50.5%と半数以上。そして「QRコード決済」46.5%、「電子マネー」42.6%と続きます。キャッシュレス決済をまったく「利用していない」と答えたユーザーは僅か2.4%でした。

続いて、「電子マネー」「QRコード決済」それぞれのサービスの利用状況について聞いてみました。まずは現在利用している「電子マネー」のサービスから。

こちらは会員限定記事です。会員になると続きをご覧いただけます。

会員になる